さるげりのオルグ

東京で活動中 ちょっと小粋な男達。むせかえるようなダンディズム。そんなバンドでござる

音楽

デビッド・ボウイが死去とな! なんてこったい・・・ 

1519083-david_bowie
あー なんだかんだで去年末のライブ以降に2016年になってましたなぁ
そんな訳で久しぶりの記事ですがさるげりイエローでございます。 

久しぶりなのだゆるゆるとライブの事とか、
いつものくだらない事とか書こうと思ってたいたらこんなニュースが!!!

【訃報】伝説的ロックシンガー デビッド・ボウイさんが死去
http://gigazine.net/news/20160111-david-bowie-passed-away/

マジっすか!!!!
ついこの前に新譜だしたばっかりだったのに(まだ買ってなかったけど) !!!!
69歳になったばかりなのに!!!!

ショックだわぁ

デビッド・ボウイってね、僕にとっては「本当にロックな人」の代表みたいなもんだったんだよなぁ。
※ビッド・ボウイについて詳しくはウィキでも見てね https://ja.wikipedia.org/wiki/デヴィッド・ボウイ
 
 まぁ 正直なところ、アルバムとしては受け付けないものも多数あるし
全面的に大好きとは言えないところではあるんですけどね。
それでもね、売れたミュージシャンって、レコード会社の意向やら、
ファンの声やらでなかなか新しい事に挑戦てなかなか難しいのにね
常に違うものを提示してきた(しようとかな?)人なんだと僕は思ってるんですよ。

 
David Bowie-Ziggy Stadust
グラムロックだねぇ
 昔にグラム・ロック好きのバンドマンと話してるとね
「デビッド・ボウイは早く死ねば伝説になったのに、新しいアルバム出すたびに劣化してる!」
なんて言ってた位に伝説的なアルバムでしたなぁ

 
 

David Bowie - Let's Dance
80年代半ばだなぁ


今でもよく聴く一番好きなアルバムは【station to station】なんだけど
その収録曲のなかでもこの「Stay」って曲は最高にかっこいいんだよなぁ
 

 

DAVID BOWIE - STAY - LIVE TOKYO 1990
これは変人ギタリストAdrian Belewとやってたヤツだわ


David Bowie - Stay - Live Paris 2002

2002ってと55歳の頃のか。超かっけーっすわぁ
僕が女だったら間違いなく惚れるわぁ

そんな訳でデビッド・ボウイの死去で、ショックを受けてるさるげりイエローでした

合掌・・・・・ 

【閲覧 要20分超 !? 】 「しきしま帝国軍」の軌跡


どうも。「さるげり」ギター担当、らばんばです。


ご覧になる前にご注意を。

ここの動画を全部見る(聴く)と20分はかかります。(^^;)

退屈かもしれませんが……
お時間ある方、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。m(_ _)m



さて、さるげり、結成してから早いもので2年近く経ちます。


最初は「Fire◎Flower」とか「Smoke On The Water」とか
カバー曲からスタートしたんですが、
3回目の練習あたりからオリジナル曲を演り始めました。


栄えある1曲目がトラム担当のリーダー作、「しきしま帝国軍」です。


その「しきしま~」、最初と現在では大分雰囲気が変わってきました。


その変遷をYouTubeに上がっているアーカイブから辿ってみるとします。


────────────────────
【2013年12月】 デモ音源




リーダーが最初に作ったデモは、打ち込み+ボカロ。
(途中、バックとメロが少しズレますが、ご愛嬌ということで……


PCで演奏している(人が演奏していない)音のせいか、
テクノっぽい響きもあり、サイバー的(!?)な感じですね。


ちなみに作曲者のリーダー曰く
「どこぞの国で作られ、船に揺られて設置場所に向かう慰安婦像の気持ち」
がイメージの曲だそうですが……、
あまりにも曲調とかけ離れていると思ったのは、
メンバーで僕一人のわけがありません……。



────────────────────
【2014年1月】 スタジオ練習

バンドで取り掛かり始めた頃の練習風景

 


冒頭、動画では欠けていますが、
当時見ていたサンライズ系ロボアニメの影響で思いついた
アニソンっぽいイントロとアウトロを付け加えました。


ギターもベースもまだフレーズが途上段階ですが、
デモの音と、バンドで演奏する音が、まったく違って聞こえることは、
すぐに分かっていただけると思います。



────────────────────
【2014年6月】 スタジオ練習

1ヶ月後に初ライブを控えての練習風景



キーボードのマッカチャンが加入して、
ギターもベースも、かなりフレーズが固まってきました。


2回目のサビの後に簡単なギターソロが追加されています。


あと、見た目ではほとんどわかりませんが、キーが半音下がりました。
(聴いて気づいた人は、かなりの音感の持ち主です

そのせいでイントロ、アウトロの弾き方が難しくなったのも、
今となっては良い思い出です。



────────────────────
【2014年7月】 初ライブ

7/13 池袋Admでのデビューライブ



ライブハウスのライン音源なので、
スタジオ練習よりも各楽器の音がきれいに聞こえます。


練習を始めて半年、基本的な形が出来上がりました。

キーボードが入り、音圧が増しています。



────────────────────
【2015年3月】 ライブ(4回目)

3/22 下北沢ボイスファクトリーでのライブ




ライブも4回目となり、演奏もこなれてきました。


そもそもは80年代ハードロック、ロボ系アニソンの影響で作った
イントロ/アウトロのフレーズを、
ギターとキーボードで一緒に弾くようにしました。


キーボードの音色、最高ですね~!

この音色を聞くたびに「ふるえ」ちゃいますね~!! 

ビバ! 80年代!! 



────────────────────
【2015年8月】 ライブ(6回目)

8/1 西東京音楽祭でのライブ

 


ライブには持ち時間というのがあって、
時間内に準備、演奏、撤収をしないといけません。

今年の夏は、牛久かっぱ祭りとこの西東京~、
2つのイベントに出演しましたが、
他に演奏する曲と時間の関係で、
「しきしま~」を凝縮するになりました。
 
テンポを少し落として、2番をバッサリ、カット!

削りながらもテンポを落とす……
近道をしながら徐行運転しているようなものなので、
1分程度の短縮にしかなっていませんが……。


あと、イントロ/アウトロで聞こえるギターが
変わっているのに気づいていただけたら嬉しいです。


────────────────────


と、長々と書いてきましたが、短くまとめると……
 
「同じ曲でも、2年の間に細々と変わっているんですよ~」

ということでした~。


次はレコーディングですな。

その時は2番、復活させないと。
 

うーむ、また残念なニュースだわ

Yesのベーシスト、クリス・スクワイア死去。
http://big-celeb.jp/2015/06/post_2911.html

Yes 一筋46年、67歳で幕。非常に残念なニュースだわ。

image-20111226185610

で、なんでジョジョのオラオラ画像なんだ?

ここ数年は Yes を聴いてなかったんですが、
アニメ版「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダー」EDに
YES の Round About が使われて、それがきっかけでまた聴いたりしてたんですよね。

ちなみにこんな曲〜

衣装はともかく、かっこいい曲だわね。

Yesの場合、ボーカルがあんまり好きじゃないのですが
クリス・スクワイアのベースは大好きで聴いてたんだよなー
トレブリーなベースの音色は初めて聴いた時は衝撃的だったわ。

そんな訳で、偉大なミュージシャンの悲報なのだ
Yes の好きなアルバム「Time And A Word」を聴きながら合掌!!
_SY355_
Yesで一番すきなジャケットだわ

 

曲のタイトルを募集します。

ボーカルです。
作詞しますた。
曲のタイトルを募集します。
こちらからよろしくおねがいします。
メールフォーム
 

天の河原に八百万 千万神の神集い

日女尊昇り給いて 測りし時に天照らす
 

奇に畏き皇の 勅捧げつ山征かば

草蒸す屍海征かば 水浸く屍夢忘れめや
 

靖国目指す同胞に 聡く見ゆるは大鳥居

時も地距も 生きるも死ぬも 乗り越え再び我ら間見えん

5/16(土)はスタジオでした

どうも。ギターのらばんばです。


えーっと、もう数日前のことなんですが……
5/16(土)はスタジオ練習でした。


ここのところは、オリジナル曲に力を入れていこうという方針で、
新しい曲を数曲、同時進行で作っています。



まず1曲が、リーダー作のパンク曲。 

テンポ速くて、メロディーが覚えやすい、
それでいて歌詞はメッセージ性がある曲になってます。

歌詞って、個人的には作るのが苦手なんですが、
この曲に限っては、ネタの宝庫ですね、ハッキリ言って 

まだ曲を合わせ始めて間もないんですけど、90%くらい仕上がってます。


2曲目は、自分作曲の、さるげり初のバラード(になる予定)で、
曲を仕上げるには、もう少し時間がかかりそう。


3曲目は、「天岩戸」に続きそうな、和風曲

ボーカルのボウズ氏が持ってきた歌詞とメロディをベースに、
うまく発展させられたらと、心の中でビジョンが広がってきています。



と、こんな感じで曲を作りながら、次のライブのブッキングを検討しているところです。

決まったら、改めましてこちらで告知いたします。

夏の時期に、どこかの祭りに参加できたらいいなあ。

ボーカルです

ボーカル、ボウズPです。
バンド活動ではないのですが、なぜか防衛省前で、アカペラでペラペラと歌ってきちゃいました。
 

オリジナル曲ご紹介20150507

さるげりオリジナル曲「天の岩戸」
さるげりLIVEを下北沢ボイスファクトリーという箱でおこないました。
「天照大神引き籠らるる 天の岩戸は 聳えて立つる 光は消え失せ闇に閉ざされ この世の終わりと青ざめる 頭を垂れて集いあつまる 1人の女神立ち進む 舞の女神や一肌脱げや 胸乳露に舞えや舞え」
 

アクセスカウンター

  • ライブドアブログ