さるげりのオルグ

東京で活動中 ちょっと小粋な男達。むせかえるようなダンディズム。そんなバンドでござる

雑記

近況とかライブ動画とか〜

46歳のツインテールをオイラは絶対に認めません!!!!!
はい、お久しぶりのさるげりイエローでございます。 

先日、スタジオでの事でですが、
そこで、オイラとボーカルのボウズ頭が全面的に対立したのです。

ボウズ「46歳のツインテールって、ちょっと無理した感じが萌えません?」
オイラ「46歳のツインテールぅ? はぁ!!!ありえん!!!!!」

そんな感じでございます。

オイラとしてはツインテールは選ばれし者のみが許される
至高の髪型と思っている訳ですよ!!


 tamai
※写真はまだツインテールだった頃の玉井さん かわいいですね



 おっと!!今日はツインテールの話じゃなかった。
 バンドの近況方向だったのだ。

先日のスタジオは、実は今レコーディングをしているのですよ。
image2
image7
image1
image3
image6
このバンドでのレコーディングは初なのですが、
ぼちぼち面白いものが出来そうでございますよ。

とりあえずは2曲ほど録りましたが、
具体的にいつCDにするとかネット配信するとかは、まだ先の話なのですがね。

あー それとライブなのですが、昨年の年末にライブやって
次は春先にでもやろうかねぇ 
なんて思ったのですがもうちょっと先になりそうかな。


 おっと!!!それとライブ動画をアップしたのだ
去年の秋に都内某所でやったライブの動画だよ〜ん よかったら見てね〜

デビッド・ボウイが死去とな! なんてこったい・・・ 

1519083-david_bowie
あー なんだかんだで去年末のライブ以降に2016年になってましたなぁ
そんな訳で久しぶりの記事ですがさるげりイエローでございます。 

久しぶりなのだゆるゆるとライブの事とか、
いつものくだらない事とか書こうと思ってたいたらこんなニュースが!!!

【訃報】伝説的ロックシンガー デビッド・ボウイさんが死去
http://gigazine.net/news/20160111-david-bowie-passed-away/

マジっすか!!!!
ついこの前に新譜だしたばっかりだったのに(まだ買ってなかったけど) !!!!
69歳になったばかりなのに!!!!

ショックだわぁ

デビッド・ボウイってね、僕にとっては「本当にロックな人」の代表みたいなもんだったんだよなぁ。
※ビッド・ボウイについて詳しくはウィキでも見てね https://ja.wikipedia.org/wiki/デヴィッド・ボウイ
 
 まぁ 正直なところ、アルバムとしては受け付けないものも多数あるし
全面的に大好きとは言えないところではあるんですけどね。
それでもね、売れたミュージシャンって、レコード会社の意向やら、
ファンの声やらでなかなか新しい事に挑戦てなかなか難しいのにね
常に違うものを提示してきた(しようとかな?)人なんだと僕は思ってるんですよ。

 
David Bowie-Ziggy Stadust
グラムロックだねぇ
 昔にグラム・ロック好きのバンドマンと話してるとね
「デビッド・ボウイは早く死ねば伝説になったのに、新しいアルバム出すたびに劣化してる!」
なんて言ってた位に伝説的なアルバムでしたなぁ

 
 

David Bowie - Let's Dance
80年代半ばだなぁ


今でもよく聴く一番好きなアルバムは【station to station】なんだけど
その収録曲のなかでもこの「Stay」って曲は最高にかっこいいんだよなぁ
 

 

DAVID BOWIE - STAY - LIVE TOKYO 1990
これは変人ギタリストAdrian Belewとやってたヤツだわ


David Bowie - Stay - Live Paris 2002

2002ってと55歳の頃のか。超かっけーっすわぁ
僕が女だったら間違いなく惚れるわぁ

そんな訳でデビッド・ボウイの死去で、ショックを受けてるさるげりイエローでした

合掌・・・・・ 

【閲覧 要20分超 !? 】 「しきしま帝国軍」の軌跡


どうも。「さるげり」ギター担当、らばんばです。


ご覧になる前にご注意を。

ここの動画を全部見る(聴く)と20分はかかります。(^^;)

退屈かもしれませんが……
お時間ある方、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。m(_ _)m



さて、さるげり、結成してから早いもので2年近く経ちます。


最初は「Fire◎Flower」とか「Smoke On The Water」とか
カバー曲からスタートしたんですが、
3回目の練習あたりからオリジナル曲を演り始めました。


栄えある1曲目がトラム担当のリーダー作、「しきしま帝国軍」です。


その「しきしま~」、最初と現在では大分雰囲気が変わってきました。


その変遷をYouTubeに上がっているアーカイブから辿ってみるとします。


────────────────────
【2013年12月】 デモ音源




リーダーが最初に作ったデモは、打ち込み+ボカロ。
(途中、バックとメロが少しズレますが、ご愛嬌ということで……


PCで演奏している(人が演奏していない)音のせいか、
テクノっぽい響きもあり、サイバー的(!?)な感じですね。


ちなみに作曲者のリーダー曰く
「どこぞの国で作られ、船に揺られて設置場所に向かう慰安婦像の気持ち」
がイメージの曲だそうですが……、
あまりにも曲調とかけ離れていると思ったのは、
メンバーで僕一人のわけがありません……。



────────────────────
【2014年1月】 スタジオ練習

バンドで取り掛かり始めた頃の練習風景

 


冒頭、動画では欠けていますが、
当時見ていたサンライズ系ロボアニメの影響で思いついた
アニソンっぽいイントロとアウトロを付け加えました。


ギターもベースもまだフレーズが途上段階ですが、
デモの音と、バンドで演奏する音が、まったく違って聞こえることは、
すぐに分かっていただけると思います。



────────────────────
【2014年6月】 スタジオ練習

1ヶ月後に初ライブを控えての練習風景



キーボードのマッカチャンが加入して、
ギターもベースも、かなりフレーズが固まってきました。


2回目のサビの後に簡単なギターソロが追加されています。


あと、見た目ではほとんどわかりませんが、キーが半音下がりました。
(聴いて気づいた人は、かなりの音感の持ち主です

そのせいでイントロ、アウトロの弾き方が難しくなったのも、
今となっては良い思い出です。



────────────────────
【2014年7月】 初ライブ

7/13 池袋Admでのデビューライブ



ライブハウスのライン音源なので、
スタジオ練習よりも各楽器の音がきれいに聞こえます。


練習を始めて半年、基本的な形が出来上がりました。

キーボードが入り、音圧が増しています。



────────────────────
【2015年3月】 ライブ(4回目)

3/22 下北沢ボイスファクトリーでのライブ




ライブも4回目となり、演奏もこなれてきました。


そもそもは80年代ハードロック、ロボ系アニソンの影響で作った
イントロ/アウトロのフレーズを、
ギターとキーボードで一緒に弾くようにしました。


キーボードの音色、最高ですね~!

この音色を聞くたびに「ふるえ」ちゃいますね~!! 

ビバ! 80年代!! 



────────────────────
【2015年8月】 ライブ(6回目)

8/1 西東京音楽祭でのライブ

 


ライブには持ち時間というのがあって、
時間内に準備、演奏、撤収をしないといけません。

今年の夏は、牛久かっぱ祭りとこの西東京~、
2つのイベントに出演しましたが、
他に演奏する曲と時間の関係で、
「しきしま~」を凝縮するになりました。
 
テンポを少し落として、2番をバッサリ、カット!

削りながらもテンポを落とす……
近道をしながら徐行運転しているようなものなので、
1分程度の短縮にしかなっていませんが……。


あと、イントロ/アウトロで聞こえるギターが
変わっているのに気づいていただけたら嬉しいです。


────────────────────


と、長々と書いてきましたが、短くまとめると……
 
「同じ曲でも、2年の間に細々と変わっているんですよ~」

ということでした~。


次はレコーディングですな。

その時は2番、復活させないと。
 

鼠園がキライなのよーーーーーっ!!

先週の土曜日に幕張に行ってきたサルゲリイエローですがこんにちは。

o0480036013412252253
写真はイベントの時の浴衣姿の玉井さんと高城さん、かわいいですね

何しに行ったかといえば、
ももいろクローバーZのファンクラブイベントだったんですけどね。
まぁ、イベントの話はともかく、以前は海浜幕張は仕事でよく行ってたのですが、
久しぶりに京葉線にのって行ったんですよ。

そしたら、途中駅に舞浜ってあるじゃないですか。
思い出した訳ですよ、あの僕のキライな施設のことを。

僕が初めて鼠園に行ったのは5年くらい前かな。
その時に書いたレポートがあったので載せてみるのだ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
いままで僕は一度も行ったことはありませんでした。 

浦安なのに平気で東京とか嘘をつくようなところだし、 

ディズ○ー映画も面白いと思ったことないし、 

ディ○ニーは好きどころか嫌いだったんですよね。 


しかし、「嫌いとか言ってるひとが行くとはまるのよ!」 

とか「行ったこともないのに嫌いとか言うんじゃないわよ!」 

などと○ィズニー好きによく言われていました。 


そんな訳で行ってきたのは「浦安鼠園」です。 


朝もはよから電車に乗って、 

東京駅のなが~いコンコースを下駄を鳴らして京葉線。 

ホームには既にネズミな人達で溢れかえっています。 


この時点で僕のテンションはくらいですかね。 

僕のテンションMAX10としてね! 


舞浜の駅につき、人の多さに目眩を覚えました。 


なんやかんやでメンツが揃いました。 


揃ったところで鼠園に向かいます。 


園の近くには巨大なラブホテル(にしか見えないって!)。 

うさんくささ満点ですね。 


でもそのうさんくささにちょっとテンションがあがりました(3~4)。 


券を5,800円で購入(高っ!!!!夢の国なのに金とるんかい!!!) 

浅草花やしきなら乗り放題のフリーパスが2,200円ですよ!! 


しかし、入ってびっくりです。 

ハロウィンかなんかしらんが、コスプレイヤーで溢れています。 

まれに「うんうん、きみはとっても似合っててかわいいぜ!」 

なんて子もいましたが朝青龍の「アリス」とか 

ドン小西のミニーとかすんごいのがいっぱいです。 


浦安ランド初体験の僕はなにも分からないまま、 

スペースなんちゃらに連れて行かれました。 

で。100分待ちだそうな。 


普段なら10分待ちですら躊躇する僕が100分も待たされようとは! 

100分もまたせて夢の国なんてちゃんちゃらおかしいです。 


乗り物に乗るころの僕のテンションは1となりました。 


暗い中でガッコンガッコンされてあちこちぶつけました。 


100分並んで数分の拷問。 


夢ってなんだろう。 



お次は、、、、もっともテンションがあがりました。 


お昼です、ごはんです(0→4)。 


米が食べたかったので、ちょっと我ががまいって中華にしてもらいました。 


麻婆どーーーんです。 


ちょっと味が濃すぎですが、まあしょうがないか(4→2) 



午後にもいろいろ乗りました(面倒になったので省略、ちなみにテンションは1~0の低い位置を推移)。 


で、夕方。 


ネズミが仲間を引き連れて練り歩くというので1時間30分前から場所取りです。 

もうこのころはいいかげん疲れたのでちょうどよかったっす。 


ちょいと喫煙所に行くついでにぶらぶらしてみましたが 

子供には突進されるしベビーカーに足を踏まれるしでやってられません。 


で、30分前。 


ちょっと雨がぱらついてきたと思ったら… 

天候不良のためパレードは中止だそうな。(根性なしめ!!!!) 

パレードは中止だがねずみが挨拶に回るってんでそのまま待つ事に。 


鼠が車にのってやってきました。 

トラック野郎のデコトラといっしょですな。 

みんなは鼠がきたとたんにいように高いテンションで手をふっています。 

僕は低いテンションで○OCK!!!!ポーズです。 




次行ってみよー 




おばけ屋敷みたいなのだそうです。 

ちょっと面白かったっす。 




そんで次は熊です。 



黄色い熊です。 



なんだか卑猥な感じがします。 



90分待ちだそうです。 



が、おもったよりも早く入れました。 



まぁ、これと言って言うことはないなぁ。 



このころには外は土砂降り(1930分位かな?) 

傘を持ってなかったので傘を購入(この日唯一購入のディズニ○グッズ)。 



なんでもこの後2045分からディナーの予約をしてあるそうで、 

それまでは土産の購入タイムだそうです。 


みんものすごい真剣な目で選んでいます。 

僕はものすごーく冷めた目で人間観察です。 



で、ディナー。 



なんかアメリカーンな食事でちょっとしんどい 



と、なにやらショウタイム? 



犬っころが出てきました。 



外人さんもでてきました。 



ウエスタンなショウです。 



ショウの途中で赤ちゃんプレイをさせられているお父さんもいます。 



約一時間のディナーショウでした。(ものすごく無感情な僕) 



で、雨の中を帰宅につきました。 



時刻は23時。 



結論。 



これで僕はディズニーランドは嫌いと確信が持てました! 

もうだれにも「行ったこともくせに!」とか言わせないぞ! 


まぁ、こんな感じです。
僕がキライだからって、好きな人もキライとはならないんですけどね。
個人的に苦手なのですよね。
(ちなみにラッセンの絵が好きな人に関してはキライですが)



Babymetal の新曲みたいだけど、いいわー
早くセカンドアルバムでないかなー
いまだに僕の中では最高のツインテールの二人。
かわいいわー

そんな訳であいも変わらず、バンドとは関係ない
ブログ記事のさるげりイエローなのであった。 

あ。最近ハマってるアニメ下ネタという概念が存在しない退屈な世界』面白いわぁー

『まほろばびより』という曲

さるげりイエローなのだ!久しぶりの記事なのだ!
さて今回の記事はバンドとは関係ありませんが・・・・まずはこの曲を聴いておくんなまし。
まほろばびより 作曲・編曲:junchan 作詞・歌:すみれ☆

そして、歌詞の解説を読んで下さいな。
歌詞の解説はで歩けない猟師さんが自身のブログ「止揚末節画竜天睛」で解説してます。
歌い手JKすみれ☆の紹介 http://samrai308w.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
歌詞の解説 http://samrai308w.blog.fc2.com/blog-entry-126.html

そんで、Junchan(名前は女子っぽいかもしれませんが純然たるおっさんですわ) はニコニコ動画では「路地裏音楽」ってニコニコ生放送で番組をもつ2人の共同作品なのですが、僕はこの曲が出来上がる過程を初期から見てきたのですよ。で、曲の解説をしたまえ!との命令が下り書いてみることとなりました。
本来は長年ベースを弾いて音楽をやってきた割には音楽の事をさっぱりわかってない僕よりも適任者がいると思うのですが、僕なりの解説をして見ようと思うのだ。
(ちなみに依頼されたのが7月の半ばですが、こんなに時間がかかったのは忙しかった!などとありきたりないい訳と、無駄に文章が長くなってまとめるのにもたついたのと、僕が文章を書くのが苦手なのと・・・・・遅くなってごめんなさい!!!!)

基本的な話、歌以外の音源はすべてDTM(パソコンで全部作ったって事だぞ♡)で制作されていますな。使用ソフトが「レコンポーザー(すでに絶版のソフトだそうな)」と「Cubase」。
聴いてもらえばわかると思うのだが、音の情報量が大変多いです。それを時間をかけて地道に構築していった曲なわけですな。

「まほろばびより」のメロディーはいいですねー。
明るいんだけどちょっと切ない感じのコード進行、この曲は基本的にカノン進行と呼ばれるものですな。
ちなみに原曲 《 カノン / パッヘルベル 》

カノン進行はまぁ、簡単に言ってしまえば、日本人が好きそうなコード進行でヒット曲が生まれやすい!ってヤツですね。それこそこのコード進行をギターでポロンポロンとするだけで、なんかいい曲できたっぽくなるんですな。
ところがどっこい、そこにメロディーを乗せたりしてみると「あれ、なんか聴いたことあるなぁ」「これ、○○じゃね?」「うーん、いいと思ったのになぁ」ってなる事があるコード進行な訳ですよ。
カノン進行って厄介なコード進行なのですよ。このコード進行でオリジナリティを出すって実は難しいのよね。(カノン進行の曲例を上げると、クリスマスイブ、終わりなき旅、Endless Rain、HOWEVER、愛を込めて花束を、守ってあげたい、恋するフォーチュンクッキー、さくら、負けないで、空も飛べるはず、チェリー、シングルベッド、桜坂、さくらんぼ、壊れかけのRadio、ハナミズキ、愛は勝つ、それが大事、思い出がいっぱい、大阪で生まれた女・・・・etc 他にも一杯あるので気になる人は検索して探してみてね)

楽器編成なのだが僕のようなバンドマンだとね、どうしてもアレンジはバンドで再現できることが基本で考えちゃうんだよなぁ。ドラム・ベース・ギター・ボーカル、それに、せいぜいギターをもう一本とかキーボードとパーカッションを足すのが精一杯なんですよねぇ。
この曲で使われた楽器というとドラム、パーカッション類、ベース、アコースティックギター、エレキギター×2、キーボード、オルゴール等々・・・・・まず僕にはまずさばききれない音数だわね。

アレンジのききどころはね、いっぱいあるんだよなぁ。
各々の楽器のメロディーがね寄り添ってみたり、ちょっと反発してみたり、華をそえたりとしながら、ボーカルメロディーを後押ししてるんですよね。
跳ねてるようで跳ねてないドラムとか、刺がない音色でベトッとまとわりつくような感じの随分とクセがある音色のシンセベース。淡々と奏でられるアコースティックギターに、これまた淡々したミュートギターに、抑え気味だけど陽気さもみえるギター。ここぞとばかりに鳴らされるパーカッション類。そんでもってそこに、キーボード類が彩りをそえて行くわけですよ。
こんな音をバックに歌えたら、歌い手は楽しいだろうなぁと想像しちゃいますよ。

どうしても歌がメインの曲だとね、歌だけを耳で追っちゃうんだよね。
でも、ギターだけを追って曲を聴いたり、ストリングスに注意して聴いてみたりとかするとJunchanのひねくれっぷりがよくわかって、とっても面白いのだな。(曲中に2カ所で使われている、junchanのこだわり「与作(ほんとはビブラスラップって打楽器ですね。与作の曲中でカァ〜〜ンってなってるヤツ)」を見つけるのも楽しいわね。)

個人的なお気に入りは、2番のキーボードですかねぇ。イメージで言えばテルミンを思いだしたわね。それとキーボードの音が引くとギターのフレーズが前に出てきたりと、その陰影の出方がすごい面白いわね。ドラマチックに展開するところのストリングスは美しいですねー。
 ちなみにテルミンってこんなの〜


そんなこんなで、junchanとすみれさんの「ひねて」いて「あそび心と優しさ」が満載の『まほろばびより』この先数年たって聴いても「あぁ、いい曲だなぁ」と素直に思える曲、そんな普遍性を感じさせる曲だと思うのですよ。
ちょっといいかなと思った人は是非高音質の音源で聴く事をおすすめするのであった。
高音質版をヘッドフォンで聴くと、また新たな発見もあったりして楽しいわね。 
https://note.mu/sumirestar
ここから購入できるよー
オマケも遊び満点で超おすすめなのですよ。
ってか、オマケだけでも聴いててあきませんな。

あー、そうそうジャケット!!!
JKすみれBEST☆HIT
すみれさん自らのキャラクターを使ったデザインですが、
この曲のイメージをクラフト紙にシンプルに表現したイラスト。 流石だわー

相撲の受け身はころがりますね

高校生のときは相撲部でしたがこんばんは。

 
rule_pic03
rule_pic04
rule_pic05
正確には柔道部兼相撲部なんですけどね。

なんでそうなったのかと言えばですね、高校入学してまず柔道部に入ったんですよ。 
で 、ある日、突然

「今日から相撲の練習だから、各自まわし作るぞ〜」って言われたのだよ。
「え? な、なんすか? まわし??」
「おぅ、二週間後に相撲の試合だからな!」
「え?相撲の試合??」
「なんだ、おまえ知らなかったのか」
「押忍、初耳っす!!」
「うちの柔道部は相撲部兼だからな!覚えとけ!!」
「お、押忍!!!」
 
後から詳しく聞いたら、元々は相撲部があって
部員が集まらなくって存亡の危機だったようで。
なら、もう廃部でもしょうがないでしょ!!ってなるんですが、
相撲部はそこそこ強かったらしく、その時に予算がでたそうで
屋根付きの立派な土俵を作っちゃってその手前、廃部にも出来ない!!
で、相撲部と合併し今に至る!だそうな。

確かに入学して登校したら「へ〜土俵があるんだ〜」とは思ったけど
まさか自分がまわしを締めて土俵に立つとは考えても見なかったのよ。
 
ちなみにその頃もオラは体重も50kgちょいの貧弱な美少年だったので
相撲の試合の結果は散々なもんでしたねぇ。


さて、なんでこんな話してるかってぇと
茨城県は牛久市で7月25日(土)26日(日)に開催される
「第34回うしくかっぱ祭り」 に出る訳ですよ。
※ちなみに25日と26日のどっちかは今の時点でまだ知らないわ。
 なら分ってから書けって?はい、おっしゃる通りですがなにか? 


 かっぱと言えば相撲かなぁ、って事ですね。
どうでも良いですね。

wRBmYqPFaWqx5jS_5616-thumbnail2
写真は元女子柔道の金メダリストで、
元参議院議員の谷亮子・・・超不細工!!!!!
いつか谷亮子ネタでも書こうかのぅ



↑こんなの見たら後味悪いので



 TysLf1kt
写真は佐々木さん、最近は一部でどすこいあーりんとか言われたりもしますがかわいいですね。



あともう一つ、8月1日は東久留米市で開催の西東京音楽祭〜
IMG_1726
写真はうちのボーカル(ボウズP)とチラシ〜 詳しくは誰かがきっと告知する〜



THE ROOSTERS "恋をしようよ"
たまにカラオケ行くと歌う曲〜 ほぼ女性からドン引きされる名曲ですね。

では、またなのだ
さるげりイエロー 

被り物〜

自分に似てるキャラを探したらこれだな。
yatta_org
そんな訳でかぶり物大好きベーシストさるげりイエローですがこんにちは。



被り物といってもこんなのはダメですよね〜
CBFNdP9UgAA4qR2
酷いのはお前の頭じゃ!って突っ込みを入れたい位に浮いてますが。

もしくは韓国のユン外相
201306140807137fd
きたない面(ズラ)ですね。



もし、オラがズラ被るならツインテールにするでしょうな。
575aca81-s

こんな感じになるのか・・・・気持ち悪っ!!!!!




昔から帽子(ズラのことじゃないぞ!)は好きで、
キャップ、ニットキャップ、麦わら帽子にハットなどいろいろ被ってきましたなぁ。
スキンヘッドにしてからは、ニットキャップと手ぬぐいばっかりだわね。


で、今回はスキンヘッドには被り物は必須!と思った時のことを

以下、某SNSに載せた記事の引用なのだ


シャワーをあびて麦茶なんぞを飲みながら雑誌をパラパラ。 
するとそこにはラーメンの記事。 
「ラーメンかぁ、たまにはいいかな。」 

で、着替えてラーメン屋さんに向かいました。 
券売機で味玉つけ麺を購入しカウンターの席に座りました。 
待つこと数分、つけ麺の登場です。 

空腹でしたから、テンポよくズルズルッと食べていました。 
そして、半分位食べていると… 


ガンッ!!!!!!! 

目の前が一瞬、真っ白になりました。 
ついでに鼻からはメンが一本飛び出しました。 

ななななんだぁ~ 

何かと思ったら、おいらの頭上に設置されていた扇風機が、 
おいらの頭に落ちて来たようです。 

おかげでおいらの食べていたつけ麺は四散してしまいました。 
店員さんはひたすら平謝りですが、 
ドリフ世代のおいらには、まったくもってどうって事はありません。 

そして、店員さんは直ぐに新しい物を作ってくれました。 

ん?なんか麺がボリュームアップしているような? 


間違いありません、確実に大盛りです。 
すでに半分は食べていたおいらに、大盛りの麺を持って来てくれました。 

店側の不備とはいえ、こういった心意気には完食で応えない訳にはいきません。 

何度かギブアップしそうになりましたが、なんとか完食です。 
しばらくホーッとして帰ろうと席を立ちました。 
すると店員さんがやってきて、 
「本当にすみませんでした、あのこれを…」 
その手にはつけ麺の代金730円がありました。 
おいらは「あ、そんないいですよ。大盛りにもしてもらったし…」 
お店の方は「受け取って頂かないと申し訳なくて…」 

結局、おいらは逆にすまない事したなぁとお金を受け取りました。 


しかし、何もないところでコケてのドンガラガッシャーンや 
よそ見をしていて、路上のポールに股間を打ち付けて悶絶したり 
ガラス戸に思いっきり突っ込んだりのドリフ的なことは何度もありますが 
今回のように頭上からの落下物は初でした。 
金タライだったら言うことなしでしたなぁ。 




とまぁ、こんな事が実際にあった訳ですよ。
もし、このときにスキンヘッドのままであったのなら
o0480048512682112921
こんなになっていたでしょうな。

恐ろしいったらありゃしません。

そんな訳で、スキンヘッドに被り物は必須だと思うのですが、
ズラは違和感バリバリで違うんだよな〜
そんな事を考えていた、雨の日曜の昼下がりであったのだ。

097211cc-s
写真は玉井さん、元気はつらつでかわいいですね。


こんな日はこんな曲〜

Strawberry Switchblade - Since Yesterday

水玉ゴスロリがトレードマークでアルバム1枚でほぼ消えたけどこの曲のメロディーは秀逸だと思うのだよ。
レコードも売っちゃったからなぁ、こんどCD買おうかな。

 

 

ハゲ・・・じゃなかったスキンヘッドなのだ

元々はロン毛のお兄さんで、若いときに髪の毛を酷使し過ぎて
薄くなり、中途半端もいやだから、「え〜い、めんどくさい剃ってしまえ!」って
ハゲ・・・じゃなかったスキンヘッドのミュージシャンって増えたよねー。
 
そんなこんなでスキンヘッドのベーシスト、さるげりイエローですがこんにちは。

今回はスキンヘッドの話なのだ。

で、一番好きなスキンヘッドのベーシストはやっぱりTony Lavinだなぁ。
まぁ、この人はスキンヘッドじゃなくても一番好きなベーシストですが。

で、どんな人〜こんな人〜

このベースを弾いてるスキンヘッドの人ですね。
King Crimsonでの活躍も有名ですが、
人気のセッションミュージシャンであっちこっちで弾いてるんですが、
ありがちなフレーズを弾かず、それでいて楽曲を壊さない。
そんな所が人気なのでしょうなぁ。
かっこいいハゲ・・・じゃなかったスキンヘッドです。憧れちゃいます。


しかし、Peter Gabriel のバンドはハゲ率高すぎだわ。


 ハゲと言えばベーシストではありませんがこの人も好きだわね。

Smashing Punpkins、通称スマパンですね。
ハゲ・・・じゃなかったスキンヘッドのボーカル、
Billy Corgan も好きなミュージシャンです。
スマパンは2000年に一度解散してますが、この時のメンバーが一番好きだったなぁ。
ギターのJames Iha(日系三世だそうな、そういや沖縄には伊波って名字多いよねー)
ドラムのJimmy、そして美しいベースのMelissa Auf Der Maur・・かっこいいです。
Melissaが元いたバンド、Holeの Courtoney Loveも美しかったなぁ。

久しぶりにこのPVみたが、Mellissa と Courtoney 美人さんだわ。


日本人の、ハゲ・・・じゃなかったスキンヘッドで有名なのは
宇多丸 やら松山千春とかいますが、やっぱりこの人でしょうな。


ボーカルのサンプラザ中野くん、みごとなスキンヘッドですね。 

スキンヘッドにしてみようかと思った人には
こんなサイトもあったな。参考にしてレッツスキンヘッドなのだ。
http://skinhead.shisyou.com/index.html


さて、バンドの話。
新曲もいい感じになりそうだし、
ライブスケジュールもだせるかなぁです。

o0600060012764293849
写真は今月の4日に二十歳になった玉井さんと11日に十九歳になった佐々木さん。
かわいいですね。


サンプラザ中野くんに似てると一部で言われる
うちのボーカルのボウズPさんですが、
ボウズさんはあくまで「ボウズ頭」であって、
ハゲでもスキンヘッドでもありませんよ〜。


では、またなのだ さるげりイエロー

ロックだなぁ

最近はちょっと忙しくて疲れ気味なさるげりイエローですがこんにちは。

c0028664_21312



ある日の友人との会話。 

友人「あのさ、わしのしょうもない妄想なんだけどさ…」 
オラ「なにさ、言ってみなよ」 

友人「あ、いややっぱはずかしいわ」 
オラ「呑んでる時の話じゃ、恥ずかしがる事ないじゃろ」 

友人「うん、あのさ…、布団に入って寝るときに想像しちゃうんだけど…
   車で高速とか走ってるときの事なんだけどさ」 
オラ「ほぅ、どんな事だね?」 

友人「時速80キロ位で走る車に貼り付けになってみたいんだよね」 
オラ「ふむふむ、何でそんな恐そうな事を?」 

友人「中学生位のときにさ、時速80キロだとDカップとかってあるじゃんか、 
   って事は全身でおっぱいを感じられるんじゃないかって…」 
オラ「な~るほど!なんかロックだなぁ」


別の友人との会話
友人「近所に上京してきた純朴なヤツにいろいろとロックを教えてやったんだ、
   そしたらすっかりはまってバンド始めたんだよ」 
オラ「そうなんですか、いいことじゃないですか」 
友人「だけどさ、はなたらしとかのノイズパフォーマンスにいっちまって」 
オラ「ほうほう」 
友人「高円寺に2万ボルトって箱あんだろ、あそこでさ、
   削岩機持ち込んでステージ壊してさ。なんだかんだで300万の借金作ったんだよ」 
オラ「まじっすか!?」 
友人「ちなみにバンド名は“地獄まんじゅう”、いや~悪いことしちゃったかな」 

この話を聞いたときになんかロックだぁって思ったもんだす。 

この人、もう50半ばですが、
体型(体重は55kg、30位までは僕も55kgでしたぜ)髪型も昔と変わってませんでして。 
今も変わらず「クロのスリムパンツ!」「髪は立てて!」「ベースは膝位!」 
その信念は曲げずにサンダーバードを弾いてるそうで…。 

昔からの憧れでカッコいい人ですが、
カッコは別として、至って穏やかで優しい人なんだよなぁ。 



そんな訳でロックバンドをずっとやってると、「ロックとは何ぞや」なんて考えるのですが
オラの今の所の答えは「なんかスゲーっ!」ってものな気がするのだった。

 
 VWgQmGwZGlw38cowYAtu7gXVo1_500
アイドルに興味のなかったオラが、モモクロにハマったのはそんな所なのかなぁ。
ちなみに写真は玉井さん。かわいいですね。

 
“ももいろクローバーZ vs KISS”名義の楽曲「夢の浮世に咲いてみな」のミュージックビデオが、
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2015」にて特別賞を受賞したそうで。

うむ、ロックだなぁ 

音楽とは関係ない話だわぁ

韓国、ってか日本併合以前の朝鮮時代か。

こんな素敵な乗り物があったんですねー。

car1
10049977997

通称「猫車」。
エラばれし王様しか乗れないものですなぁ。


韓国には是非にこれを復活させてほしいものだ。

そんで、こんな競技をして欲しいのだ。


想像しただけで、超楽しそうだわ
 
まぁ、僕は絶対にやりたくないが・・・・。


さてさて、くだらない事ばかり書いてないで寝ようかのぅ


さるげりイエロー 
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ